【メモ】ジェネラティブマスターへの道〜①

どうも、Mejikaです❗️

 

とりあえず

hashlips で

ジェネラティブ画像の生成までやってみました😌

 

ファイルはコチラです

GitHub - HashLips/hashlips_art_engine: HashLips Art Engine is a tool used to create multiple different instances of artworks based on provided layers.
HashLips Art Engine is a tool used to create multiple different instances of artworks based on provided layers. - GitHub - HashLips/hashlips_art_engine: HashLip...

チュートリアルも載ってます。

 

ありがたいですね〜

 

とりあえず画像ファイルとjsonファイルの出力をしてみるところまで

 

こんな感じです

 

optionのoverlayを使おうと思ったんですが…

背景だけ透明にする方法が分からず、

今回は、素材の画像を

背景透明で作っておきました。

 

フォルダにインストールしたら

config.jsで画像のパーツ部分を編集します

 

 

jsonファイルはこのような感じ

 

生成された画像分の情報が❗️

コレは楽ちんですね😆

 

 

なお、素材のファイル名の最後に

 #数値

を追加して、

フォルダごとにファイルの数値の合計が100になるようにすれば、

レアリティ情報もdnaに反映されるみたいですね

 

レアリティは

例えばCNPJの以下で

 CLAN Iga  25%

みたいなやつですw

 

補足

ジェネラティブ生成は

たまにミスって同じ組み合わせをしてしまいますので、

 uniqueDnaTorrance

というところで、

数値を調整します。

要するに

 作りたい数+失敗(同じ絵できちゃったテヘ!)の数

で設定しましょう。

 

1億くらいにしとけば

とりあえずいいのではないでしょうか。

 

ではまた❗️

コメント

タイトルとURLをコピーしました